2020年8月5日、岡山県新見市立矢神小学校5・6年7名と日本ハム株式会社が
食品ロスについての遠隔授業(「企業の食品ロス対策を学んで、食品ロスを減らすワンアクションを考えてみよう!」)を行いました。

本授業では、食品ロスを防ぐための課題を1つ設定し、
その課題を解決するための工夫を考え、
パワーポイント資料を使ってプレゼンし、
食品ロスを減らすアイデアや実施した感想や効果も発表してくれました。

子ども達は、アイデアの発表後に、日本ハムの講師から、
良かった点、アドバイスなどのフィードバックをもらいました。

また、子ども達から講師の方へ、質問できる機会もあり、
自分達の身の回りにある食品ロスの試みやその実践で出た課題が見つかり
子ども達は自分達にできる食品ロスについて考えることができました。

子ども達からの質問

・サステイナビリティ部署ってなんですか?どんな仕事をしていますか?

・他の食品で汚れを落とす効果があるものはありますか?

・毎日心がけている食品ロスを減らす工夫はありますか?

・食品ロスの目標やその後の目標はありますか?

子ども達の感想

・リモートで発表できて難しかったけど、楽しくできてよかったです。

・私が心に残ったのは講師からのコメントで「命を大切にしてほしい」という話がすごく心に残りました。私も食品ロスをなくすために努力したいと思いました。

・食品ロスの理解がよりできるようになりました。ありがとうございました。



日本ハムの実施授業の詳細は、こちらのページにて確認できます。
https://progaku.com/nipponham-jissen/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
岐阜県下呂市立中原小学校にて、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの開発者とインターネットで繋がる遠隔授業「ロボットトイtoio™(トイオ)を使って『あそびをつくる仕事』にチャレンジ!」を実施しました。
SIE
岐阜県下呂市立中原小学校にて、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの開発者とインターネットで繋がる遠隔授業「ロボットトイtoio™(トイオ)を使って『あそびをつくる仕事』にチャレンジ!」を実施しました。
2021年2月3日(水) 岐阜県下呂市立中原小学校の皆さんに、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のロボットトイ「toio&...