12月17日(木) 山口県岩国市立小瀬小学校にて、株式会社ニチレイフーズとインターネットで繋がる遠隔授業「『今までにない新商品』を開発しよう」を実施しました。
子どもたちの発表アイデアを中心に、授業の様子をレポートにまとめましたので、どうぞご覧ください。

子ども達の発表アイデア1

アイデアのタイトル:栄養たっぷりチャーハン

  • アイデアの説明
    野菜が好きな人や嫌いな人・料理が苦手な人・栄養を取りたい人をターゲットにしています。
    野菜が嫌いな人でも、ごはんと一緒ならおいしく食べることができると思いました。また、栄養たっぷりなので、忙しい時はこれ一つ食べれば大丈夫です。
    ポイントは、「野菜がたくさんあること」「シャキシャキした触感が味わえること」「栄養満点であること」です。
アイデアがまとめられた発表用ワークシート

講師からのコメント

実際に食べてみたいなと思って聞いていました。栄養いっぱいの野菜って何だろう?どんな野菜を入れるのがいいかな?
考えるところがいっぱいありますが、具体的に考えるとチャーハンの姿がよりはっきり見えてくると思います。

野菜に「シャキシャキ」をチャーハンの中で実現するにはどうしたらいいかな?

炒める順番を工夫します。

もっとよくするためには具体的にどうしたら実現できるか? ということについて、こうやって考えてみるのも大切ですので、ぜひやってみてください。

子ども達の発表アイデア2

アイデアのタイトル:ゆずの風味のさっぱりチャーハン

  • アイデア説明
    お年寄りの方やこってりした味が苦手な人をターゲットに考えました。気分が悪い人でも、食べたら気分が良くなります。ポイントは,「さっぱりしているので濃い味を食べた後でも食べることができる」「どの年代の人でも食べやすい」「ゆずの香りで気分が良くなる」です。
アイデアがまとめられた発表用ワークシート

講師からのコメント

アイデアから、おじいちゃん・おばあちゃんを大切にしようというやさしさが伝わってきました。ゆずの香りを取り入れているけど、お家で料理やお風呂に使っているのかな?すばらしいと思います。

最近は高齢者をターゲットにした商品も多くなっており、一人暮らしのおじいちゃん・おばあちゃんでも簡単に・栄養たっぷりでたくさん食べてもらえるようなものを考えています。優しい気持ちを大切にしながら、これからも考えてほしいと思いました。

アイデアを聞いて良かったと思うことが2つあります。
一つ目は「誰に食べてほしいのかを、はじめからしっかり決めて商品を考えている」ということ。二つ目は「味・見た目だけではなく、食べた後にすっきりするという新しいコンセプトを入れてくれたこと」です。
とても良いアイデアをいただきました。ありがとうございました。

子ども達からの質問

皆さんは冷凍食品が好きだったから入ったんですか?

私は冷凍食品が好きというよりは、大学生時代の時に、新しい商品やみんなが知っているものを世の中に作って出したいと思ったので、ニチレイフーズに入りました。

私は大学生の時に会社を調べたり訪問をしたりして、自分に一番合ったのがニチレイフーズだと思いました。色々な経験の中で巡り合えたのかなと思っています。

ニチレイフーズさんには、どれくらいの種類の商品がありますか

冷凍食品だけで1700品目ほどです。他にもカレーやスープなどの常温食品が500品目あります。
さらに、カップにはいった氷・ウエルネス食品もあります。皆さんも、将来商品開発に携わってくれたないいなと思っています。

株式会社ニチレイフーズの講師からのメッセージ

皆さん、商品を考えるのは楽しかったですか? 社会人にはこんな仕事がいっぱいあります。大変なだけではなく、楽しい仕事がいっぱい待っていますので、一生懸命勉強して、将来人のためになることを探して大人になってください。そして最終的にはニチレイに入ってほしいと思っています。待ってます!今日はありがとうございました!


ニチレイフーズ株式会社の授業の詳細は、こちらのページから確認できます。
https://progaku.com/nichirei-jissen/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事