6月27日(木)出水市立江内小学校にて、株式会社モスフードサービスとインターネットで繋がる遠隔授業「地元の食材を使っておいしい×◯◯なご当地バーガーを提案しよう」を実施。
5年生14名の児童が、地域のモスバーガー店長や地区担当者、本社の社員に向けてアイデアを発表しました。子どもたちの発表アイデアを中心に、授業の様子をレポートにまとめましたので、どうぞご覧ください。

子どもたちの発表アイデア

アイデアタイトル
おいしい×めずらしさ 「やみつきバーガー」

アイデアの説明 
有名な鹿児島黒牛を使い、半熟の目玉焼きやレタスをあわせました。肉を丸ごと使うことで歯ごたえが有り満足感が得られます。誰でも食べやすいように切り込みを入れています。サイドメニューは地元の大将季(だいまさき)のジュースです。鹿児島県のおいしい食べ物をいろいろな人に食べて欲しいと思いました。

アイデアがまとめられた発表用ワークシート
発表の様子

講師のコメント

講師1(スーパーバイザー)

 あ、食べたいな!と感じました。栄養バランスも良くて、これだけで食事になると思います。また、肉に切り込みを入れることで小さい子どもからお年寄りまで誰にとっても食べやすくしたのは良いですね。
一つ心配なのは、黒牛を使っているので値段が高くなりそうだということでしょうか?
ジュースに使ってくれた鹿児島名産の「大将季」というみかんについては今回初めて知りました。ぜひ、買って食べてみたいと思います。
このように地元の名産品を使うと、これまで全く知らなかった人が興味を持って買ってくれるかもしれません。宣伝にもなりますね。 ジュースに「MOS」と入れてくれましたが、みなさん意味はご存じですか?山(Mountain)、海(Ocean)、太陽(Sun)の頭文字をつなげたものなんですよ。

子どもたちからの質問

児童

人気のあるハンバーガーは何ですか?

講師1(スーパーバイザー)

一番人気が有るのは「モスバーガー」です。14億個、積み重ねると地球を3.4周 出来るくらい売れています。

講師2(店舗)

出水店では他にも「テリヤキチキンバーガー」も良く出ます。

講師3(本社)

地域によっても少しずつ違うんですね。

児童

作るのに時間がかかるハンバーガーは何ですか?

講師1(スーパーバイザー)

「とびきりハンバーグサンド」と「テリヤキチキンバーガー」です。他のメニューに比べ肉を焼くのに時間がかかります。焼くのに6分、組み立てて完成するには全部で7~8分ほどかかります。

質問タイムの様子

授業最後の講師からのコメント 

講師3(本社)

今回は発表を聞かせてくれてありがとうございました。皆さんの考えてくれたアイデアをお店に掲示しますので、見に来てくださいね。



株式会社モスフードサービスの授業の詳細は、こちらのページにてご紹介しています。
https://progaku.com/mos/

おすすめの記事