7月5日(金)福井市立本郷小学校にて、株式会社モスフードサービスとインターネットで繋がる遠隔授業「地元の食材を使っておいしい×◯◯なご当地バーガーを提案しよう」を実施。
5・6年生13名の児童が、地域のモスバーガー店長や地区担当者、本社の社員に向けてアイデアを発表しました。 子どもたちの発表アイデアを中心に、授業の様子をレポートにまとめましたので、どうぞご覧ください。

子どもたちの発表アイデア

アイデアタイトル
おいしい×インスタ映え「フルーツバーガー」

アイデアの説明 
ハンバーガー屋だと肉などが多いですが、スイーツ系にすると新しいバーガーが楽しめそうなので作ってみました。シャリシャリとシャーベットのような食感で、糖度も甘い黄金色の金福スイカ・糖度が高く歯ごたえがあっておいしい幸水梨・皮ごと食べられる本郷いちじくなど、福井の食材を使うことで、ちがったあじわいを楽しめます。おやつ的な存在として、大人気になると思います。

アイデアがまとめられた発表用ワークシート
発表の様子

講師のコメント

講師1(店舗)

ありがとうございます。

フルーツサンドはありますが、ハンバーガーとしては初めて聞きました。女性やお肉を避ける人が喜びそうな、斬新でとても良いものだなと思いました。ティータイムにも良い商品ですね。

また、地元の食材の特徴・農家をしっかり調べてくれていることが、お客さんへのアピールポイントになると思いました。

課題としては、ワークシートに「パンは冷たく」とありますが、焼いたパンを冷たくする方法をこれから考える必要があると思いました。

子どもたちからの質問

児童

店長さんのおすすめバーガーは何ですか?

講師1(店舗)

全部おすすめですが、私が一番食べるのはお店の名前も入っているモスバーガーです。

児童

一番がんばっていることは何ですか?

講師1(店舗)

お客さんから「ありがとう」と言われるために、美味しくきれいなバーガーを作ったり、お店を綺麗にしたりしています。お客さんに「ありがとう」と言われると、とても嬉しいです。

児童

モスバーガーで一番売れているハンバーガーは何ですか?

講師3(本社)

モスのお店ができてから50年ほどになりますが、モスバーガーが一番売れています。これまで売れた数は地球を三周半回るくらいです!

福井春江店の人気はどうでしょう?

講師1(店舗)

北陸エリア(福井・石川・富山)でのお話になりますが、このエリアは新しい商品が全国で1・2を争うほど売れているので、期間限定が出るごとに人気が変わってきます。新しいものを好んでくれているのだなと感じています。 なので、今回みなさんが提案してくれた斬新で新鮮で目新しい商品は、全国で一番売れるかもしれませんね。

質問タイムの様子

授業最後の講師からのコメント 

講師3(本社)

今日はありがとうございました!

四つのアイデアすべてが、食材から熱心に考えてくれたと思います。13人全員がワークシートを書いてくれたこともあり、すごく熱意を感じました。すべてのアイデアに共通して、新鮮さや安全・食感・生産者のことなど、選んだ理由がとてもわかりやすかったです。

また、私たちモスの社員が目指す目標が「食を通じて人を幸せにすること」なので、アイデアの中に共通点もいっぱいあり、モスのことも調べてくれたのかなと思いました。

これからも、誰かに喜んでもらいたいと思いながら、新しい提案を考えてほしいと思います。

みなさんのアイデアはどれも素晴らしく、もっといろんな人に見てもらいたいと思いますので、後日福井春江店に展示する予定です。みなさんもぜひ遊びに来てください!



株式会社モスフードサービスの授業の詳細は、こちらのページにてご紹介しています。
https://progaku.com/mos/

おすすめの記事