家庭科の授業の一環で、日本ハムさんと協働で食品ロスの授業を実施しました。

子ども達は、食品ロス問題について企業が実施していることを学んで自分たちにもできることを考えました。

発表アイデア


■困っていること
ついつい買い物が多く買ってしまう

■アイデア
・マグネットを使って、買うものあるものリストをつくって、冷蔵庫の中身が分かるようにすること

・半額シールがあったら買っておいて冷凍庫に入れておく

日ハムさんのコメント


マグネットを使うアイデアはすごくいいと思います。
誰でもできるし、見てわかるし、いつでもできるので、すごくいいアイデアだなと思いました。

半額シールのあるものを買って冷凍庫に入れるのもいいアイデアだと思います。半額のものを買うことでスーパーの食品ロスを防ぐためにはすごく大事だと思います。

1つ注意が,スーパーの食品ロスを防ぐことには貢献しているけど、家庭で食品ロスが増えてしまうかもしれないので工夫が必要ですね!

この後、よりよいアイデアにするためのアドバイスも少しいただきました。

発表へフィードバックをもらいました。
画面を通して東京のオフィスビルを!
子ども達から日ハムさんへの質問


・割引しても残ったものはどうなりますか? 日本ハムに戻ってきますか?

・日本ハムさんは食品ロスを減らすためにどんな工夫をしていますか?

・賞味期限を調べてるはどうやって決めるのですか?



日本ハムの実施授業の詳細は、こちらのページにて確認できます。
https://progaku.com/nipponham-jissen/



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
岐阜県下呂市立中原小学校にて、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの開発者とインターネットで繋がる遠隔授業「ロボットトイtoio™(トイオ)を使って『あそびをつくる仕事』にチャレンジ!」を実施しました。
SIE
岐阜県下呂市立中原小学校にて、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの開発者とインターネットで繋がる遠隔授業「ロボットトイtoio™(トイオ)を使って『あそびをつくる仕事』にチャレンジ!」を実施しました。
2021年2月3日(水) 岐阜県下呂市立中原小学校の皆さんに、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のロボットトイ「toio&...