沖縄県伊平屋島とブラザー(名古屋)での遠隔授業。

写真を見て分かるようにセーターを着る企業側と半そでの沖縄の子ども達。
遠隔授業ならではの光景です。

ブラザーの様子
発表用ワークシートをもとに、発表を聞きます。

今回は沖縄県の離島のさらに南端にある伊平屋島の野甫小学校(5,6年6名)で
遠隔授業を実施しました。

名古屋と伊平屋島で遠隔でつなぎました。

毎回,遠隔授業を実施する前日に, プロ学・学校・企業との3者で通信テストを行うのですが, その際にも通信状況が悪く当日を不安いっぱいで迎えました。

最後に少し悪くなることもありましたが,なんとか実施することができました。

授業後,先生より
子ども達から質問がたくさんが出たけど
時間がなくて,,,という話をブラザー担当者にお話ししたところ,
手紙で対応することになりました。

過去最大級の離島での実施で,
通信に不安がありましたが
こういう地域だからこそ
「実施の意義がある」と企業担当者より
言葉をいただき,これからも継続をしたいと思いました。



ブラザー工業株式会社の実施授業の詳細は、こちらのページにて確認できます。
https://progaku.com/brother-jissen

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
沖縄県八重山郡竹富町立波照間小学校にて、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの開発者とインターネットで繋がる遠隔授業「ロボットトイ”toio™(トイオ)”を使って『あそびをつくる仕事』にチャレンジ!」を実施しました。
SIE
沖縄県八重山郡竹富町立波照間小学校にて、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの開発者とインターネットで繋がる遠隔授業「ロボットトイ”toio™(トイオ)”を使って『あそびをつくる仕事』にチャレンジ!」を実施しました。
2021年5月17日(月) 沖縄県八重山郡竹富町立波照間小学校の皆さんに、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のロボットトイ...