6月28日(月) 静岡県富士宮市立人穴小学校にて、株式会社モスフードサービスとインターネットで繋がる遠隔授業「地元の食材を使っておいしい×◯◯なご当地バーガーを考えよう」を実施しました。

子どもたちの発表アイデアを中心に、授業の様子をレポートにまとめましたので、どうぞご覧ください。

子どもたちの発表アイデア1

アイデアのタイトル:おいしい×地元の応援「ニジマスバーガー」

アイデアの説明 

富士宮の名物を使っています。余分な脂を与えずに育てられた地元のニジマスは、あっさりして身の詰まった安心安全な食材です。酪農も盛んなので、牛乳の香りのするストライプチーズを使います。栄養価の高いプチヴェールも入れました。

発表中の様子
アイデアがまとめられた発表用ワークシート

講師からのコメント

講師

バーガーはお肉のイメージがあるので、ニジマスというのは新鮮ですね。どのように調理するつもりですか?

児童

フライにします。

講師

チーズはどのような味のものをどのような形で使いますか?

児童

プレーン味のものを割いて挟みます。

講師

なるほど。食感も楽しめそうですね。元気な発表をありがとうございました。

子どもたちの発表アイデア2

アイデアのタイトル:おいしい×インスタ映え「モッツァレラチーズバーガー」

アイデアの説明

地元の週末限定のチーズ工房で作られたモッツァレラチーズを使います。国産生乳で職人さんが丁寧に作った安心でおいしいチーズです。見た目を考えて輪切りにして並べました。また、レタスで彩りや栄養バランスも工夫しました。

発表中の様子
アイデアがまとめられた発表用ワークシート

講師からのコメント

講師

イラストがとても美味しそうで感動しました。本当にインスタ映えしそうですね。レタスの下はお肉ですか?

児童

はい。牛肉を使うつもりです。

講師

美味しいバーガーが出来ると思います。どんな売り方をしたら良いか考えてみましたか?

児童

これから考えてみます。

講師

「週末限定バーガー」とか、面白そうですね。

子どもたちからの質問

児童

環境に気を付けているということですが、具体的にどんなことですか?

講師

フードロスを出さないことです。店舗では作り置きをせず、オーダーを受けてから調理するので無駄が出ません。本部でも需要予測に力を入れています。また10年ほど前から、夏の時期には店の外側にグリーンカーテンを作り、エアコンの省エネにも取り組んでいます。

児童

社員から見たモスバーガーの魅力は何ですか?

講師

小さい頃、お店のオープンキッチンでバーガーを作っているのを見て憧れました。何事もお客様の立場になって考えるのがモスバーガーの良いところだと思います。

質問タイムの様子
モスフードサービス講師

講師からのコメント

講師

この授業に応募していただき、ありがとうございました。またお店の方にも食べに来てくださいね。



株式会社モスフードサービスの授業の詳細は、こちらのページにてご紹介しています。
https://progaku.com/mos/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事