11月2日(火) 高知県三原村立三原中学校にて、株式会社カプコンとインターネットで繋がる遠隔授業「ゲームとの上手なつきあい方を考えよう」を実施しました。生徒たちは各教室に分かれ、前半はクイズ等も交えながらゲーム開発に関わる様々な仕事について学び、後半は4名程度でのグループワークを挟みつつ、講師の話を聞きながらゲームとの付き合い方について考えました。

授業の様子

質疑応答

児童

何人くらいでゲームが作れますか?

講師

最近だと100人から200人。カプコンではゲームクリエイターは2000人います。

児童

ゲームを作る時に,心がけていることはなんですか??

講師

自分が作りたいものではなく,お客さんに喜んでもらえるものを作ることを心がけています。

児童

何がきっかけでゲームを思いついたりしますか?

講師

学校で習ったことや普段の生活からの発想,トイレの中やお風呂とかで思いつく人もいるみたいです。気分転換をする人もいるみたいです。


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事