2月4日(金) 佐川町立斗賀野小学校にて、株式会社デサントとインターネットで繋がる遠隔授業「新しいスポーツウェアを考えよう」を実施しました。
子どもたちの発表アイデアを中心に、授業の様子をレポートにまとめましたので、どうぞご覧ください。

子ども達の発表アイデア

  • アイデアの説明
    今の体操着は半袖・半ズボンで、冬場に寒く安全性にも欠けます。そこで肘と膝が隠れる七分袖・七分丈にして一年中使えるようにします。また白で汚れが目立ち、吸汗性が悪く生地が少しチクチクするので、上着は汚れの目立たない黒色にして、速乾性が高く肌触りがツルツルしているポリエステルを使います。ズボンは柔らかくてツヤ感のあるリヨセルで水色にし、外側にポケットをつけます。

□アイデアがまとめられた発表用ワークシート

アイデアがまとめられた発表用ワークシート
発表の様子

講師からのコメント

講師

 着心地の中でも肌ざわりに注目しているのが素晴らしいですね。素材の選択も良いと思います。リヨセルを使うと聞いて驚きました。良く知っていますね。デザインや色使いもシンプルでカッコイイと思います。光沢感がオシャレです。

アドバイスとしては、黒一色にするなら再帰反射テープをポイントに付けたらどうでしょう?夜間でも安全性が上がりますよ。

子ども達からの質問

児童

僕はサッカーをしています。サッカーウェアを作ったことは有りますか?

講師

残念ながらまだ無いです。会社としてはアンブロというブランドで作っています。

児童

デザイナーをしていて一番難しいのは何ですか?

講師

誰もが「カッコイイ!」と思ってくれるデザインを作るのが難しいです。100人中の100人全員が認めてくれるデザインが目標です。

授業最後の講師からのコメント

講師

私がデザイナーになったのは服に興味を持っていたからです。子どもの頃は広島カープが大好きな野球少年でした。スポーツと服が好きなのでスポーツウェアを作るデサントに入社しました。デザイナーには、絵を描くことやオシャレな服のことだけではなく、さまざまな知識が必要です。例えば、袖をどんな角度でつければ動きやすいか考えるには「算数」、服装の歴史を理解するには「社会」、などいろいろな勉強がつながってきます。

皆さんは可能性のかたまりです。将来の夢や好きなことを友達とたくさん話して、やりたいことを見つけて、興味を持ったことを掘り下げていってください。

今日はありがとうございました。


株式会社デサントの授業の詳細はこちらをご覧ください。
pro-school.main.jp/descente/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事